Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増

2019年上半期に、オンラインバンキングや電子マネー、仮想通貨など金銭や金融データを標的とするマルウェアの検知数が前年同期から7%増加した。

Kasperskyが、製品ユーザーより同社クラウド基盤に匿名で寄せられたマルウェアの検知動向を取りまとめたもの。

2019年上半期に金融サービスを標的としたマルウェアの検知数は1049万3792件。前年同期から93%増となった。マルウェアのサンプル数は524万2462件で前年同期を74%上回る。特に2019年第1四半期は300万件超と急増が見られた。

これらは、43万1088のユニークなユーザーのもとで検知されたもので、前年同期から7%増。法人ユーザーの割合が30.9%となっており、前年同期の15.3%から15.6ポイント増加している。ただし、60万超のユーザーで検知された2018年下半期と比較すると、大きく減少している。

20190819_ka_001.jpg
検知ユーザー数の推移(グラフ:Kaspersky)

(Security NEXT - 2019/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
2019年4Qのセキュリティ相談、7.6%増 - IPAまとめ
2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加
脆弱な「Docker」の探索行為、11月ごろより増加
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て
9月は「HTML/ScrInject」が前月比2.5倍に - 国内外で急増
2019年3Qの標的型攻撃メールは113件 - 9割はプラント関連
2019年3Qのセキュリティ相談、1年ぶりに3000件以下に
ログイン可能なIoT機器、半年でのべ505件に注意喚起 - NOTICE調査
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響