Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増

2019年上半期に、オンラインバンキングや電子マネー、仮想通貨など金銭や金融データを標的とするマルウェアの検知数が前年同期から7%増加した。

Kasperskyが、製品ユーザーより同社クラウド基盤に匿名で寄せられたマルウェアの検知動向を取りまとめたもの。

2019年上半期に金融サービスを標的としたマルウェアの検知数は1049万3792件。前年同期から93%増となった。マルウェアのサンプル数は524万2462件で前年同期を74%上回る。特に2019年第1四半期は300万件超と急増が見られた。

これらは、43万1088のユニークなユーザーのもとで検知されたもので、前年同期から7%増。法人ユーザーの割合が30.9%となっており、前年同期の15.3%から15.6ポイント増加している。ただし、60万超のユーザーで検知された2018年下半期と比較すると、大きく減少している。

20190819_ka_001.jpg
検知ユーザー数の推移(グラフ:Kaspersky)

(Security NEXT - 2019/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害