Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache HTTPD 2.4.41」がリリース - 「HTTP/2」関連など脆弱性6件を修正

「Apache HTTP Web Server」の開発チームは、最新版となる「同2.4.41」をリリースした。複数の脆弱性を修正している。

今回のアップデートは、セキュリティ対策およびバグの修正を実施したもの。「同2.4.40」に含まれる6件の脆弱性へ対処したほか、セキュリティ面の機能強化を行っている。

具体的には、「HTTP/2」のモジュールである「mod_http2」でクラッシュが生じるおそれがある「CVE-2019-10081」を修正。Netflixが指摘したDoS攻撃に悪用できる「CVE-2019-9517」など、同モジュールに関するあわせて3件の脆弱性に対処した。

さらに「mod_remoteip」におけるバッファオーバーフローやNULLポインタ参照の脆弱性「CVE-2019-10097」を修正。あわせて「mod_proxy_balancer」におけるクロスサイトスクリプティング(XSS)やクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)への対策強化など、セキュリティ面での対策を強化した。

開発チームでは、「同2.4.41」を「General Availability(GA)」版と位置付けており、利用者へアップデートを実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
CMSの「SHIRASAGI」にオープンリダイレクトの脆弱性
法人向け「ウイルスバスター」狙う攻撃が複数発生 - 設定無効化のおそれ
「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートよりコマンド実行のおそれ
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
GPSトラッカー約30機種に脆弱性 - 位置情報流出や不正操作のおそれ