Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache HTTPD 2.4.41」がリリース - 「HTTP/2」関連など脆弱性6件を修正

「Apache HTTP Web Server」の開発チームは、最新版となる「同2.4.41」をリリースした。複数の脆弱性を修正している。

今回のアップデートは、セキュリティ対策およびバグの修正を実施したもの。「同2.4.40」に含まれる6件の脆弱性へ対処したほか、セキュリティ面の機能強化を行っている。

具体的には、「HTTP/2」のモジュールである「mod_http2」でクラッシュが生じるおそれがある「CVE-2019-10081」を修正。Netflixが指摘したDoS攻撃に悪用できる「CVE-2019-9517」など、同モジュールに関するあわせて3件の脆弱性に対処した。

さらに「mod_remoteip」におけるバッファオーバーフローやNULLポインタ参照の脆弱性「CVE-2019-10097」を修正。あわせて「mod_proxy_balancer」におけるクロスサイトスクリプティング(XSS)やクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)への対策強化など、セキュリティ面での対策を強化した。

開発チームでは、「同2.4.41」を「General Availability(GA)」版と位置付けており、利用者へアップデートを実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起
Cisco ASAに脆弱性、悪用も確認 - 早急に更新を
トヨタ自動車の故障診断ツールに脆弱性 - ECU間の通信に判明
「Firefox 79」がリリース - 脆弱性10件を修正
「Magento」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが公開
Google、複数脆弱性を解消した「Chrome 84.0.4147.105」をリリース
Google、「Chrome 83.0.4103.106」を公開 - 複数脆弱性に対処
「Photoshop」などAdobe複数製品に深刻な脆弱性 - アップデート公開
「ZeroShell」の既知脆弱性を狙った攻撃に注意