Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドや制御システムのセキュリティ活動で感謝状 - JPCERT/CC

また石油化学工業協会の情報セキュリティWG主査として、石油化学業界関係者のセキュリティに対する認識を高めることに尽力した住友化学の大谷和史氏も選ばれた。

同氏は、制御システムのセキュリティ調査に主査の立場から協力。同センターが開催した制御システムセキュリティカンファレンスでは、「制御システムセキュリティへの取り組み」に関して講演を行った。

制御システムのセキュリティ対策に取り組む企業に対し、先行事例を紹介するなど、多方面から貢献したことを選出の理由に挙げている。

(Security NEXT - 2019/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

すぐれたセキュ論文表彰する「辻井賞」が募集を開始
「サイバーセキュリティ総務大臣奨励賞」の候補者募集を開始
専門学生向けにコンテスト開催、課題は「WAF」導入 - MBSD
テレワークの実績を持つ企業や団体を募集 - 総務省
ECサイトシステムの堅牢化競技会 - 7月に初の北海道開催
「辻井重男セキュリティ論文賞」を発表 - 大賞など7件を選定
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
「約ネバ」とタイアップイベント、3月に都内で開催 - NISC
「SECCON CTF 2018」東大学生チームが優勝 - 日本チームが上位独占
「JNSA賞」が決定 - ISOG-JやCISO支援WGなど受賞