Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元職員が個人情報を持ち出し、選挙活動に利用か - 平塚市

同市による聞き取り調査で、元職員は退職翌日にあたる12月22日に荷物整理として執務室へ入室。ファイルを持ち出したことについては認める一方、11月29日の持ち出しについては否定しているという。

しかしながら、11月29日に持ち出されたファイルに含まれる住民2人に選挙ハガキが届いており、同市では持ち出して利用された可能性があると見ている。

元職員が利用する端末は、USBメモリの接続制限機能が設定されていたが、施設予約の受付専用端末は制限が設けられていなかった。

同市では、総務省や神奈川県へ事態を報告。警察に相談し、対応を検討している。また当時の管理職を厳重注意とした。元職員に対しては、すでに退職しており、地方公務員法における懲戒処分は行えないとしている。

(Security NEXT - 2019/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託元の2病院から従業員が患者情報を持ち出し - インテック
個人情報含むUSBメモリを出張先で紛失 - 金沢大
持ち出し個人情報で選挙活動、元職員市議を告発 - 平塚市
患者情報含むUSBメモリ紛失、拾得 - 島根大付属病院
従業員による個人情報売却、国内顧客に影響なし - トレンドマイクロ
RIZAPのメールアカウントが乗っ取り被害
生徒情報など含む名簿を一時紛失、公衆電話で住民発見 - 大阪の支援学校
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 富山大
課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大
分析機器納入業者が患者遺伝子検査データを持出 - 九大病院