Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

がん患者情報を誤送信、煩雑となり個人情報記載 - 横浜市立大病院

送信した際、6件のメールアドレスに対して送信できなかったことから、翌25日に同医師が電話で確認したところ問題が発覚。送信先のメールアドレスをコピーした際に操作ミスがあり、メールアドレスが誤っていたことが判明した。

同医師は病院へ報告するとともに、誤送信先となったメールアドレス2件へ誤送信したメールの削除を依頼する謝罪のメールを複数回送信。8月5日の時点で返信は確認されていない。

情報のやりとりにあたっては、患者情報を集計する際、照合作業が煩雑になるとして、調査票へ氏名や生年月日をはじめ、個人を特定できる情報を記載するよう協力病院の医師へ依頼。また本来必要ではない患者情報など含めて一斉送信を行うなど、研究計画書が遵守されていなかった。

同院では、関連する同院患者に事情を説明し、謝罪する書面を発送した。関係病院などにも事態を説明し、患者への対応について協力を依頼している。

(Security NEXT - 2019/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

民泊向けコロナ注意喚起メールで送信ミス - 神戸市
業務メールを無関係メアドに同報、名簿送ったケースも - 佐賀県
県受託事業でメール誤送信、懲戒処分実施 - 滋賀レイクスターズ
ベンチャー企業支援プログラムの委託先でメール誤送信、メアド流出 - 大阪市
抽選結果の通知メールを誤送信、メアド流出 - 都立図書館
ホテル会員の個人情報をメールで誤送信 - リゾートトラスト
誤送信で博士課程在籍者のメアドが流出 - 琉球大
登録団体関係者の個人情報を誤送信 - 横浜市
学会費納入依頼メールで送信ミス - 日本植物学会
ふるさと納税者への案内メールで誤送信、メアド流出 - 佐賀市