Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

家庭用IoT機器の7%が「telnet」や「FTP」など使用 - ルータは15%

調査対象となったIoTデバイスの7%が、「telnet」や「FTP」など平文でやりとりするプロトコルを使用していることも判明した。家庭向けのルータでは15%が利用していた。

ルータにおける認証情報の取り扱いが甘い場合、影響が他デバイスなどネットワーク全体に及ぶ可能性があるとして、警鐘を鳴らしている。

(Security NEXT - 2019/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加
「Mirai」感染狙うIoT機器狙った11種類のアクセス - 12月より増加
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
脆弱IoT機器823件へあらたに注意喚起 - NOTICE
ログイン可能なIoT機器、半年でのべ505件に注意喚起 - NOTICE調査
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
2019年上半期の攻撃パケット、IPアドレスあたり約48万件
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも