Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

家庭用IoT機器の7%が「telnet」や「FTP」など使用 - ルータは15%

調査対象となったIoTデバイスの7%が、「telnet」や「FTP」など平文でやりとりするプロトコルを使用していることも判明した。家庭向けのルータでは15%が利用していた。

ルータにおける認証情報の取り扱いが甘い場合、影響が他デバイスなどネットワーク全体に及ぶ可能性があるとして、警鐘を鳴らしている。

(Security NEXT - 2019/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
国内家庭用ルータの6割弱にセキュリティ上の問題
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減
32764番と37215番ポートへのアクセス増 - 複数メーカーのルータ脆弱性狙いか
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
IoT機器でのプライバシーやデータ保護、半数超が追加支出を許容 - 海外調査
IoTセキュリティ、9割が「顧客のために重要」 -脅威をすべて検出できる約3割