Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「No More Ransom」が3周年 - 犯罪収益1.1億ドルを阻止

2016年7月にスタートした官民でランサムウェア対策を推進するプロジェクト「No More Ransom」が3周年を迎えた。

これまで同プロジェクトには、42の法執行機関をはじめ、公的機関やセキュリティベンダーなど150を超えるパートナーが参加。35種類の言語で展開しており、ランサムウェアの復号化ツールを100種類以上提供している。

ユーロポールによると、これまでに188カ国、20万人以上のランサムウェアの犠牲者が無料でファイルを回復。1億800万ドルにのぼる犯罪収益を未然に防いだ。

特に2018年初頭より猛威を振るった「GandCrab」については、同年2月に最初の復旧ツールをリリース。その後もバージョンアップを重ね、約4万人がファイルの復号化に成功。身代金の要求金額に換算すると約5000万ドルに相当するという。

同プロジェクトは、復号化ツールを提供する一方、オフライン環境におけるデータのバックアップが効果的な対策であると指摘。あわせてソフトウェアのアップデート、マルウェア対策、メール経由の攻撃に対する警戒を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割