Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも

2019年4月に報告されたケースは、同年2月に発生したもので、国内企業と海外企業で進められた新規取り引きが標的となった。

攻撃者は、これら企業間で半年以上前に行われたメールによるやりとりを事前に取得、内容を把握していたと見られ、請求側の取引先企業になりすましたという。

具体的には、本来の見積書が送信された翌日に、「正しい見積書を送る」と差し替えを求める偽メールを送信。メールでは「見積額の修正」と理由を伝える一方、実際は振込先の口座も改ざんしていた。

さらに改変へ気が付かれないよう、直前に届いた正規の見積書を破棄するよう要求。新規取引であったため、過去の実績とも比較できず、経理部門による確認でも口座の改ざんに気がつけなかった。

20190809_jc_001.jpg
攻撃の推移(図:IPA)

(Security NEXT - 2019/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年3Qの標的型攻撃メールは113件 - 9割はプラント関連
トヨタ紡織の欧州子会社で最大40億円の詐欺被害 - 虚偽の入金指示で
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
プラント関係者狙う執拗な攻撃が継続中 - 一定知識で自然な文面
ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
正規やりとりに割り込むBEC - 盗聴により絶妙タイミングで振込先変更依頼
役員や経理部長のメールを機械学習、特徴からBEC検知
FireEye、メールセキュリティ製品に新版 - リンク置換で保護、BEC対策も