Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ココンと産総研、高機密性データの利活用に向け共同研究

ココンと産業技術総合研究所は、高機能暗号を用いて社会の課題を解決することを目指し、共同研究を開始した。

同共同研究は、金融やヘルスケアなど高度な機密性が求められ取り扱いの難しい分野におけるデータ利活用を目指し、セキュリティとプライバシーを確保したうえで情報の保有や処理を行う技術について研究する。

ココンでは、データの取り扱いが難しい分野でのユースケースを検討してモデル化。産総研では、構築したモデルに最適な暗号技術の選定や設計を担当。共同で社会課題の解決を目指す。

具体的には、「クラウド上での秘匿性を担保したうえでの検索技術」や「秘匿化された機械学習エンジンを用いたセキュアなAI」「秘密計算技術を用いて秘匿化された状態での統計処理」などを挙げている。

(Security NEXT - 2019/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CODE BLUE 2019の基調講演者が決定 - 講演はシングルトラックに
MS、脆弱性調査環境「Azure Security Lab」を新設 - 報償金は最高30万ドル
家庭用IoT機器の7%が「telnet」や「FTP」など使用 - ルータは15%
ダークウェブの情報収集を産官学で共同研究 - 神奈川県警ら
「JVN iPedia」登録、2019年2Qは5207件 - 累計10万件突破
3割がフェイクニュースに騙された経験 - 「見破る自信がない」7割
8割強が「QRコード決済」を認知 - 利用中は15.6%
カスペとインターポール、サイバー犯罪捜査の協定を再延長
「制御システムセキュリティカンファレンス」を2020年2月に開催 - CFPを実施
10社が参加、情報銀行の実証実験を開始