Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 12.4」をリリース - 脆弱性36件を修正

Appleは、同社スマートデバイス向け最新OS「iOS 12.4」をリリースした。

今回のアップデートでは、機種変更時のデータ移行に関する機能強化のほか、CVEベースで36件の脆弱性に対処した。

「WebKit」に関する脆弱性22件をはじめ、メモリ破壊によりコードを実行されるおそれがある「FaceTime」の脆弱性を修正。

ロック画面時にアプリ内購入が完了する「ウォレット」の脆弱性のほか、「Siri」「プロフィール」「メッセージ」「通話」などに明らかとなった脆弱性を解消した。

今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2019-8641
CVE-2019-8644
CVE-2019-8646
CVE-2019-8647
CVE-2019-8648
CVE-2019-8649
CVE-2019-8657
CVE-2019-8658
CVE-2019-8660
CVE-2019-8662
CVE-2019-8663
CVE-2019-8665
CVE-2019-8666
CVE-2019-8669
CVE-2019-8671
CVE-2019-8672
CVE-2019-8673
CVE-2019-8676
CVE-2019-8677
CVE-2019-8678
CVE-2019-8679
CVE-2019-8680
CVE-2019-8681
CVE-2019-8682
CVE-2019-8683
CVE-2019-8684
CVE-2019-8685
CVE-2019-8686
CVE-2019-8687
CVE-2019-8688
CVE-2019-8689
CVE-2019-8690
CVE-2019-8698
CVE-2019-8699
CVE-2018-16860
CVE-2019-13118

(Security NEXT - 2019/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox」にマスターパスワード認証が回避されるおそれ - アップデートを実施
F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を
Adobe CC関連アプリに脆弱性 - 一部「クリティカル」も
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性 - SAMLで認証回避のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性76件を修正
MS、月例パッチで脆弱性93件に対処 - 盆休み重なる更新に注意を
PHPの「Exif」処理に脆弱性 - バッファオーバーフロー生じるおそれ
「WonderCMS」にサーバ上のファイルを削除される脆弱性 - 過去の修正が不十分で
「Spectre」に新亜種、「SWAPGS攻撃」受けるおそれ - MSは7月に対処済み
トレンドのDDIに攻撃コマンドバイパスのおそれ - すでに修正済み