Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chatwork」に675万回以上の不正ログイン試行 - 約1.1万件でログイン成功か

ビジネス向けチャットツール「Chatwork」において、第三者が本人になりすまし、ログインを試みるアクセスが増加しているとして、運営会社が利用者へ注意を呼びかけている。

同ツールを運営するChatworkによれば、本人以外の第三者が同サービスへログインを試みる攻撃を検知したもの。

7月11日ごろより兆候を観測。一時落ち着きを見せたものの、7月22日の夕方ごろより、再び不正なログイン試行が増加傾向にあるという。

7月25日の時点で、同社では本人以外が行ったと見られる675万905件のログイン試行を検知。1万1781件のアカウントが、攻撃者に不正ログインを許した可能性がある。

(Security NEXT - 2019/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

第三者がアプリでTポイントを不正利用 - PWリスト攻撃などの形跡見られず
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
セシール通販サイトにPWリスト攻撃 - 試行22回を検知
決済サービス「7pay」廃止へ - 原因「PWリスト攻撃」と説明
「コーナンPay」にPWリスト攻撃 - 試行回数は数十万件規模か
dアカウントで計らず 「2段階認証」届くケースが増加 - 未設定の場合も
「クロネコメンバーズ」にPWリスト攻撃 - 不正ログイン3400件
中部電力のウェブサービスに不正ログイン、個人情報が流出
イオンクレカ会員向けサービスに不正ログイン - PW攻撃で
イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証