Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特定健診の名簿紛失で職員を処分 - 五島市

長崎県五島市において、個人情報含む特定健診受診勧奨名簿が所在不明になっている。同市は名簿を管理する立場だった職員を戒告処分とした。

同市によれば、4月18日、市が特定健診の受診を勧めるために作成している名簿が所在不明になったもの。

同名簿には、富江町女亀地区および山崎地区の78世帯、118人の氏名や住所、生年月日、年齢、性別、特定健診受診歴などが記載されていた。

同問題を受け、健康増進事業の総括する立場だった係長級の職員を7月16日付で戒告とした。また上司や関係職員についても訓告としている。

(Security NEXT - 2019/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大
福祉事務所でメール添付ミス、名簿を誤送信 - 糸魚川市
小学校で課題投函の移動中に名簿を紛失 - 西宮市
意図せず会員名簿を公開、検索エンジンにも - 日本視能訓練士協会
体操服の刺繍に利用した生徒名簿が所在不明 - 岐阜県
紛失した市営住宅の入居者名簿を回収 - 大村市
市営住宅の入居者名簿が所在不明 - 大村市
県立校生徒会室で個人情報入りHDDが所在不明に - 埼玉県
一部中学校卒業者名簿が所在不明に - 名古屋市
統計調査の対象候補者の名簿を紛失 - 中津川市