Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スタートアップのFlatt、約2.2億円を調達

セキュリティ事業を展開するスタートアップ企業のFlattは、サイバーエージェントやディノス・セシールなどを引受先とする第三者割当増資を実施し、約2.2億円を調達した。

Flattは、法人向けのセキュリティ事業を展開するスタートアップ。脆弱性の診断事業などを提供するほか、現在はSaaS型の法人向けサービスを開発している。

2018年12月に開催されたCTF大会「SECCON2018」で優勝した「東京大学理論科学グループ(TSG)」の関係者なども所属する。

今回、サイバーエージェントやディノス・セシール、メルカリでCTOを務める名村卓氏などを引受先とする第三者割当増資を実施し、約2.2億円を調達。プロダクト開発や人材確保に活用する。また名村氏は、同社の技術顧問に就任した。

(Security NEXT - 2019/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
個人情報含む調査関係書類を紛失 - 千葉県
「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
2019年4Qの「JVN iPedia」新規登録は4434件、OS関連の登録目立つ
Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性
Citrix、脆弱性問題で無償の侵害調査ツール公開 - FireEyeと共同開発
Citrixがアップデート公開をさらに前倒し - のこるは1製品のみ
「IE」脆弱性に対するゼロデイ攻撃、国内でも
「IE」に未修正のRCE脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 「Windows 7」にも影響
職員の人事記録漏洩、犯人不詳のまま告発 - 弘前市