Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スタートアップのFlatt、約2.2億円を調達

セキュリティ事業を展開するスタートアップ企業のFlattは、サイバーエージェントやディノス・セシールなどを引受先とする第三者割当増資を実施し、約2.2億円を調達した。

Flattは、法人向けのセキュリティ事業を展開するスタートアップ。脆弱性の診断事業などを提供するほか、現在はSaaS型の法人向けサービスを開発している。

2018年12月に開催されたCTF大会「SECCON2018」で優勝した「東京大学理論科学グループ(TSG)」の関係者なども所属する。

今回、サイバーエージェントやディノス・セシール、メルカリでCTOを務める名村卓氏などを引受先とする第三者割当増資を実施し、約2.2億円を調達。プロダクト開発や人材確保に活用する。また名村氏は、同社の技術顧問に就任した。

(Security NEXT - 2019/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox」にマスターパスワード認証が回避されるおそれ - アップデートを実施
DX向けサービスのリスク評価や対策を支援 - NRIセキュア
F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を
Adobe CC関連アプリに脆弱性 - 一部「クリティカル」も
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性 - SAMLで認証回避のおそれ
メルカリで「規約違反」と不安煽るフィッシング攻撃 - 本文が「ラクマ」のケースも
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性76件を修正
MS、月例パッチで脆弱性93件に対処 - 盆休み重なる更新に注意を
イー・ガーディアン、グレスアベイルを子会社化 - 取締役に徳丸氏
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応