Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apple」「Amazon」装うフィッシング - アカウントロックで不安煽る手口

「Apple」や「Amazon」からのメールを装い、偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が確認されている。24時間以内に手続きをしないと「アカウントがロックされる」などと脅す内容だった。

注意喚起を行った日本サイバー犯罪対策センター(JC3)によれば、7月10日に「Apple」を装うフィッシングメールを確認した。

偽メールでは、アカウント情報が無効であるなどと説明。「Apple ID」を再入力するよう求める内容で、24時間以内に対応しないとアカウントをロックするなどと記載し、不安を煽っていた。

メールの本文には「安全提示問題を再度入力」など、不自然な表現も見られ、海外で出回るフィッシングメールから自動翻訳などを用いて作成された可能性が高い。

また7月11日には「Amazon」を装うフィッシングメールも確認されている。「お客様のAmazon ID情報は不足か、正しくないです。」といった件名で送信されていた。

(Security NEXT - 2019/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トヨタ紡織の欧州子会社で最大40億円の詐欺被害 - 虚偽の入金指示で
LINEのフィッシング報告が増加 - URL変化させながら次々と
「キャリア決済」狙うスミッシング - 2段階認証設定でも被害が
「Officeプロダクトキーが異常な状態」とだます偽MS - 「修復作業」の演出も
日本郵便の不在通知装うスミッシング再び - iPhoneもターゲット
「地下鉄カードの現金返還キャンペーン」装うフィッシング - 情報詐取やマルウェア感染狙う
「セキュリティ審査」とだます偽Amazonに注意
「お宅の口座情報を早急に更新してください」 - 「偽Apple」メールが流通
メルカリで「規約違反」と不安煽るフィッシング攻撃 - 本文が「ラクマ」のケースも
ドコモを装うスミッシング - 「高額料金発生」と不安煽る