Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

移動体通信における制御信号の特徴で攻撃を検知 - NEC

NECは、通信事業者のネットワークを流れる通信の制御信号をもとに、サイバー攻撃を検知する製品を開発し、販売を開始した。

同製品は、移動体通信における制御信号「C-Plane(Control Plane)」の特徴を抽出。平時の状態をモデル化し、基準からはずれた振る舞いの通信をサイバー攻撃として検知、分析できる。

ネットワーク機器のベンダーや構成に依存せず、サイバー攻撃と判断した理由も確認でき、同社は、同製品によって従来の工数を最大で90%削減できるとしている。

監視、分析対象とする信号やプロトコルの特徴を追加することが可能。移動体通信事業者と固定通じ業者の境界にも適用できる。

(Security NEXT - 2019/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
ランサム「Yatron」「FortuneCrypt」の復号化ツールが公開
ブランド悪用アプリや機密情報漏洩の検知サービス