Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

移動体通信における制御信号の特徴で攻撃を検知 - NEC

NECは、通信事業者のネットワークを流れる通信の制御信号をもとに、サイバー攻撃を検知する製品を開発し、販売を開始した。

同製品は、移動体通信における制御信号「C-Plane(Control Plane)」の特徴を抽出。平時の状態をモデル化し、基準からはずれた振る舞いの通信をサイバー攻撃として検知、分析できる。

ネットワーク機器のベンダーや構成に依存せず、サイバー攻撃と判断した理由も確認でき、同社は、同製品によって従来の工数を最大で90%削減できるとしている。

監視、分析対象とする信号やプロトコルの特徴を追加することが可能。移動体通信事業者と固定通じ業者の境界にも適用できる。

(Security NEXT - 2019/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

無償調査ツールにメモリ検査機能 - ファイルレス攻撃の判定に対応
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
組織横断的なダークネット観測で攻撃予兆を検知する技術 - 慶大らが実証
ブランド毀損リスク対策を支援するサービス - KPMG
クラウドのセキュリティ状況を可視化するソリューション - チェック・ポイント
トレンド、サーバ向け製品の新版 - コンテナ間の攻撃検知に対応
サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応