Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省、キャッシュレス決済事業者に不正対策要請 - 「7pay」でガイドライン守られず

バーコードを利用したモバイル決済サービス「7pay」が不正アクセスを受けた問題で、経済産業省は、決済事業者に対して不正利用防止に向けて各種ガイドラインの遵守を徹底するよう要請した。

セブン&アイグループが展開するコード決済サービス「7pay」が不正アクセスを受け、不正利用の被害が発生したことを受け、あらためて決済事業者に対し、不正利用対策の徹底をあらためて求めたもの。

詳しい原因については調査中だが、「7pay」に関して、キャッシュレス推進協議会が策定したガイドラインが遵守されていなかったと同省は指摘。

キャッシュレス推進協議会は、同省や関連企業など参加する産学官による枠組みで、セブン・ペイやセブン-イレブン・ジャパンなど、セブン&アイグループ3社が同協議会の会員として参加している。

(Security NEXT - 2019/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマホ決済アプリ、インストールするも約6割利用せず
半数が「スマホ決済」の不正利用に不安 - ネガティブイメージ先行
約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説
PayPay、不正行為対策で補償制度 - 利用者や加盟店の不安払拭目指す
7月のフィッシングURL、前月比約1.5倍に - 初の2000件超
システム連携する決済サービスの不正利用対策に向けて検討会 - 経産省
政府、決済事業者に不正アクセスへの対策強化を要請
フィッシングサイトの検知が急増 - 大手キャッシュレス決済をかたるケースも
スマホ決済の利用率は27%、「LINE Pay」がトップ
8割強が「QRコード決済」を認知 - 利用中は15.6%