Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月末にトネリングによる「RDP」接続が急増

5月27日から31日にかけて、トンネリングを用いたリモードデスクトップ接続が多数検知された。

インターネットイニシアティブ(IIJ)が、5月に同社マネージドセキュリティサービスにおいて「IPS」「IDS」により観測した攻撃の状況を取りまとめたもの。

前月までNetis製やNetcore製ルータの脆弱性を狙う攻撃が過半数を占める傾向が続いていたが、同月は23ポイント減少。48.6%と過半数を割った。

割合の減少は、5月27日から31日にかけてトンネリングを用いたTCP 443番ポートに対するリモードデスクトップ接続を多く検出したことが起因しているという。

同社では「RDP Tunneling Attempt Detected」として検知。月末5日間の検知だけで全攻撃の30.4%を占めた。スキャン活動は5月27日の23時ごろから活発になり、スキャンを行う送信元IPアドレスの数も急増した。

発信元はロシアのIPアドレスで、特定のISPが所有するIIPアドレスだった。以前から観測されているスキャン活動であると考えられる。同社では3月にもアクセスの増加を観測している。

そのほか、おもに中国を送信元として、コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Joomla」の脆弱性を狙い、コードを実行を試みる攻撃が、5月4日から増加するなどの動きが見られた。

(Security NEXT - 2019/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

海賊版サイトリーチサイト運営者に損害賠償請求 - 講談社
仮想通貨約35億円分が流出 - ビットポイント
取材内容や記者個人情報をファックスで誤送信 - 上野動物園
国内組織の意図せぬ従業員情報がネット上で流通
巧妙化する国家関与の攻撃 - 「サイバー防衛」議論するシンポが始動
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
テレワーク実施者の約4割、「セキュリティ問題」がデメリット
音楽関係団体ら、無許諾音楽アプリの対策強化をAppleに要請
「Apple」「Amazon」装うフィッシング - アカウントロックで不安煽る手口
セブン&アイHD、OpenIDによるアプリへのログインを一時停止