Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングURLが最多記録を更新 - 報告やブランド悪用被害も増加

6月もこれまでの傾向を引き継ぎ、「Amazon」「Apple」「LINE」「楽天」など大手ブランドや、金融機関、クレジットカードをかたるフィッシングが多数報告された。

悪用されるブランドの件数が増加する一方、6ブランドでフィッシング攻撃全体の9割を占めている。

また同協議会によれば、ブランド名を差出人とするフィッシングメールや迷惑メールが増えているという。スマートフォンでは、差出人のメールアドレスが表示されず、ブランド名だけが表示される場合があり、正規のメールであると勘違いするおそれがあると指摘。

正規メッセージと同じスレッドに表示されるおそれがあるスミッシングについても報告されており、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット6社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「アカウント」 - テーマ曲はみやぞんさん
フィッシング対策GLを改訂 - 「送信メールはテキスト形式で」
フィッシングURL、過去最多 - 報告も3000件の大台突破
2018年のフィッシング報告は約2万件 - 前年比約2倍に
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
フィッシングはURL、ブランドいずれも悪用増加 - iOSで構成変更させる手口も