Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出

バラクーダネットワークスジャパンは、ボットによるアクセスを防止する「Barracuda Advanced Bot Protection」を提供開始した。

同機能は、同社のウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)である「Barracuda Web Application Firewall」とWAFのクラウドサービス「Barracuda WAF-as-a-Service」において提供する機械学習を利用したボット対策サービス。

同サービスでは、インバウンドのトラフィックを学習し、通常とは異なるアプリケーションアクセスパターンを検出。クライアントのリスクスコアを評価し、フィンガープリンティングを設定して追跡できる。

またアカウントを乗っ取りなどを目的とした「パスワードリスト攻撃」の防止機能や、リファラスパムやコメントスパムを行うボットを検出する機能を用意した。

(Security NEXT - 2019/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
スマホカメラを利用した静脈認証の精度評価試験
迷惑な「自動巡回プログラム」への対策ソリューション
2016年2月にESET最新版 - ネット取引の保護機能など追加
「DNS水責め攻撃」対策を講じたDNSサーバの構築サービス
NTTコム、人工知能により不正通信の検知能力を強化
AI技術のジグソー、セキュリティ分野に進出
管理ツール刷新した法人向けESET新版 - 現場の声に耳を傾けゼロから開発