Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドら、制御システム向けのセキュアな無停止型エッジサーバを提供

日本ストラタステクノロジー、トレンドマイクロ、シーイーシーの3社は、産業制御システム向けエッジサーバ「Stratus ztC Edge 110i Secured by Trend Micro」を7月16日より提供開始する。

同製品は、ストラタスの提供する無停止型エッジサーバ「Stratus ztC Edge 110i」に、トレンドマイクロが提供するアプリケーション制御技術を実装したもの。

SCADAやHMIなどへの利用を想定しており、2台のサーバを同期させ、障害の予兆を確認するとスタンバイしているサーバに自動で切り替えることが可能。実行を許可するアプリケーションをあらかじめ登録することで、許可されていないアプリケーションの実行を防ぐ。

想定価格は378万円から。年間保守サポートは64万8000円から。シーイーシーが総販売代理店として提供する。

(Security NEXT - 2019/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マクニカネットと東京電力パワーグリッド、制御システム向け対策で協業
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
工場やビル向けネットワーク監視ソリューションを展開 - NRIセキュアとSCADAfence
車載システム向けにログ分析型攻撃検知技術 - 三菱電機
工場生産ラインの制御システムを保護するソリューション - CEC
ACCESSとIrdeto、車載向けサービスのセキュリティ対策で協業
シマンテック、USBメモリ挿すだけのマルウェア対策製品 - 重要インフラ向けに
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
NECとCSSC、制御システム向けにリスク評価サービス