Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

macOSにゼロデイ攻撃しかけるマルウェア見つかる

今回、同脆弱性を悪用するマルウェア「Linker」を確認したIntegoによれば、攻撃者はzipファイルではなく、複数種類のディスクイメージを使用。テストを行っているようだと分析。

6月6日にVirusTotalへ匿名でアップロードされた4件のサンプルについて確認したところ、いずれも外部のネットワーク共有へアクセスするように作成されていたという。

アップロードされたサンプルの送信元は一部異なるものの、連続してアップロードされており、同じ人物よりアップロードされた可能性がある。

さらにファイルのひとつは、アドウェア「Surfbuyer」の開発者と同じApple Developer IDで署名されていた。ディスクイメージは「Adobe Flash Player」のインストーラを偽装しており、同アドウェアの拡散に用いられた手口と同じだった。

参照するサーバ内からアプリケーションは見つかっておらず、実際に攻撃に利用されたのかは明らかとなっていないが、見つかった一部のファイルから、マルウェアの検出テストなどを行っていた可能性があると同社では見ている。

(Security NEXT - 2019/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome 77.0.3865.120」がリリース - 重要度「高」の脆弱性5件を修正
macOS向け端末エミュレータ「iTerm2」に深刻な脆弱性
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
脆弱性16件の修正含む「macOS Catalina 10.15」をリリース - Apple
【特別企画】上半期登場の新手DDoS攻撃を名和氏が分析 - 状況認識のための可視化の重要性を解説
「Chrome」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
Apple、「macOS Mojave 10.14.6 Supplemental Update」をリリース