Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

macOSにゼロデイ攻撃しかけるマルウェア見つかる

macOSにおいて未修正の脆弱性を悪用するマルウェア「Linker」が報告された。

「macOS」において、ユーザーの許可を経てソフトウェアの起動を許可する「Gatekeeper」がパイパスされる未修正の脆弱性が判明しており、同脆弱性を悪用するマルウェアが確認されたもの。

問題の脆弱性は、ネットワーク共有上のアプリケーションが「Gatekeeper」をバイパスできるもの。zipアーカイブにシンボリックリンクを使用してオートマウント機能によりネットワーク共有をマウントさせることで、攻撃者は外部ネットワーク上へ保存されたアプリケーションを警告なしに起動させることが可能になる。

セキュリティ研究者は、2月22日にAppleへ同脆弱性を報告したものの、修正は行われず、90日が経過したとして研究者が5月24日に公表。最新版である「macOS 10.14.5」も影響を受ける。

(Security NEXT - 2019/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
Google、複数脆弱性を解消した「Chrome 84.0.4147.105」をリリース
Google、「Chrome 83.0.4103.106」を公開 - 複数脆弱性に対処
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
Apple、macOS向けにセキュリティアップデート
VMwareのmacOS向け製品に権限昇格の脆弱性
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
Google、「Chrome 83.0.4103.116」をリリース - 脆弱性を修正
「VMware Tools for macOS」に脆弱性 - 特定環境のみ影響