Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、パートナーがソースコードをレビューできる施設 - 欧州で2カ所目

Kasperskyは、スペインのマドリードに「Transparency Center」を開設し、運用を開始した。

同施設は、製品の透明性をアピールする「Global Transparency Initiative」の一環として開設したもの。2018年11月に開設したスイスのチューリッヒに続いて欧州で2カ所目。

同施設では、同社製品とセキュリティに関する情報を提供。パートナー企業や政府関係者が、同社製品のソースコードを確認できる。

またエンジニアリング手法やデータ処理手法についてのブリーフィングなども実施する。

(Security NEXT - 2019/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
NTTドコモ、パーソナルデータ憲章を策定 - プラポリ再編も
アジア地域初の「Transparency Center」を設置 - Kaspersky
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
カスペルスキー、代表取締役社長に元ソニックウォールの藤岡健氏
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
富士通研、複数ブロックチェーンを接続する新技術 - トランザクション同期も
「AI開発ガイドライン」の論点で意見募集 - セキュリティやプライバシー、透明性確保など
改正個人情報保護法、4人に3人は詳しい内容を知らず