Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブランド毀損リスク対策を支援するサービス - KPMG

KPMGコンサルティングは、ブランドを毀損するおそれがあるインターネット上のリスクを検知し、対処を支援する「サイバーブランドリスク対処支援サービス」を提供開始した。

同サービスは、同社の解析エンジンで、ダークウェブを含むさまざまなソースをモニタリングし、ブランドイメージを毀損するおそれのあるリスクを検知、対応をサポートするもの。委託先や仕入先、投資先、M&Aのデューデリジェンスなどに活用できる。

ブランドを悪用した偽サイト、悪質なeコマースサイトにおける自社製品の掲載、役員のなりすまし、流出した個人情報の流通などに対応。評価についてレポートするほか、緊急性が高い場合は、情報を即時提供。ベンダーとの連携によるテイクダウンも支援する。

(Security NEXT - 2019/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
テレワーク体制向けセキュ診断サービス - ヒアリングで重点調査も実施
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
AIの最新動向を解説した「AI白書2020」 - IPA
TMI P&S、セキュリティ対応サービスで2社と協業
サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye