Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブランド毀損リスク対策を支援するサービス - KPMG

KPMGコンサルティングは、ブランドを毀損するおそれがあるインターネット上のリスクを検知し、対処を支援する「サイバーブランドリスク対処支援サービス」を提供開始した。

同サービスは、同社の解析エンジンで、ダークウェブを含むさまざまなソースをモニタリングし、ブランドイメージを毀損するおそれのあるリスクを検知、対応をサポートするもの。委託先や仕入先、投資先、M&Aのデューデリジェンスなどに活用できる。

ブランドを悪用した偽サイト、悪質なeコマースサイトにおける自社製品の掲載、役員のなりすまし、流出した個人情報の流通などに対応。評価についてレポートするほか、緊急性が高い場合は、情報を即時提供。ベンダーとの連携によるテイクダウンも支援する。

(Security NEXT - 2019/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
人材育成と研究で「サイバーセキュリティセンター」開設 - 日立グループ
Kaspersky、一部脅威インテリジェンスをオープンに
記憶媒体の長期保管サービス - 証拠確保を支援
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
ブランド悪用アプリや機密情報漏洩の検知サービス
OTネットワークのリスク可視化サービス
人的なインシデント調査を機械学習で高速化 - ダークトレース
CVSSとPoC公開状況から利用OSSへの影響を評価するSaaS - ビズリーチ