Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保健師が従業員の健康情報を大学の講義で開示 - イオン北海道

イオン北海道に勤務する保健師が、従業員情報を、大学の講義で許可なく使用していたことがわかった。

同社によれば、同社に勤務する保健師が、非常勤講師を務める大学の講義において、同社従業員3人の健康に関する情報を本人の承諾を得ず、5人の大学院生に漏洩したという。

問題の発覚を受け、同社は事実関係の調査し、再発防止策を講じたと説明。他従業員や顧客の個人情報については、漏洩を否定している。

(Security NEXT - 2019/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

配食サービスの利用者リスト、突風で紛失 - 東京都港区
営業再開の案内メールで送信ミス - 静岡のリゾートホテル
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
添付ファイルでマルウェア感染、個人情報流出 - 日経
メール送信ミスで顧客メアド流出 - 大成建設ハウジング
個人線量データを誤送信、個人番号も - 東電
メールを誤送信、死亡患者情報が流出 - 墨東病院
N国代表、個人情報不正入手で書類送検 - 「相手が開示した」と説明
従業員がTwitter上に顧客情報 - トレカ通販サイト
取引先が置き引き被害、学生服の注文伝票など - 名鉄百貨店