Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保健師が従業員の健康情報を大学の講義で開示 - イオン北海道

イオン北海道に勤務する保健師が、従業員情報を、大学の講義で許可なく使用していたことがわかった。

同社によれば、同社に勤務する保健師が、非常勤講師を務める大学の講義において、同社従業員3人の健康に関する情報を本人の承諾を得ず、5人の大学院生に漏洩したという。

問題の発覚を受け、同社は事実関係の調査し、再発防止策を講じたと説明。他従業員や顧客の個人情報については、漏洩を否定している。

(Security NEXT - 2019/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

従業員の給与明細など含むUSBメモリを紛失 - 高木工業
郵便物放棄でパート従業員が書類送検 - 日本郵便
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市
アンケート用紙が運搬中に飛散、一部紛失 - 名古屋観光コンベンションビューロー
従業員情報を議員に漏洩、後援会入会の礼状届く - JA北海道厚生連
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
個人情報含むPCを都内で紛失 - 講談社
医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
取引先情報不正持出の元従業員が起訴 - ゼネテック