Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム「GandCrab」提供者が引退、キー削除か - ベンダーが最新の復号化ツール

今回のアナウンスが事実であれば、金銭を支払った場合も含めて復号キーの入手が困難となるが、復号の手段を完全に失ったわけではない。セキュリティベンダーが被害者を救済するためのあらたな復号ツールをリリースした。

複数国の捜査当局協力のもと、Bitdefenderが「GandCrab 5.2」へ対応した無償の復号ツールを開発。No More Ransom Projectを通じて6月17日より提供を開始している。2019年2月に「同5.1」へ対応した復号化ツールを公開しており、それに続くリリースとなる。

「同5.2」に関しては、「Oracle WebLogic Server」の脆弱性「CVE-2019-2725」を利用した攻撃などで拡散が確認されているが、これまで復号ツールは用意されていなかった。

「GandCrab」の復号ツールでこれまでに3万回以上の復号化が行われたと見られている。Bitdefenderによれば、ピーク時には約半数を占めていた「GandCrab」のシェアも、3月の時点で3割ほどまで縮小していたという。

(Security NEXT - 2019/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て