Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正ログインで狙われるゲームアカウント - RMTで換金

同社は、ゲーム業界が攻撃の対象となっている理由について、ゲーマーは購買意欲が高い特殊な消費者層であり、攻撃者がゲーム内のアイテムを簡単に換金できると分析。

人気ゲームのアカウントを標的に不正ログインが成功すると、紐付けられたクレジットカードでアイテムやゲーム内の通貨などを購入。それらアカウントを高値で売却していると指摘している。

価格は、アカウントのタイプや課金状態、数量などによって異なるが、1.3ドルほど。対象となるゲームタイトルも幅広く、「Fortnite」をはじめ、「PlayerUnknown’s Battle grounds (PUBG)」「Minecraft」「Clash of Clans」といったタイトルや、 「Steam」や「Origin」といったゲームプラットフォームのアカウントも取り引きされているという。

20190617_at_001.jpg
アカウントが売買されるゲームの例(画像:Akamai)

(Security NEXT - 2019/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
2020年1Qセキュ相談、4.8%減 - 「不正ログイン」などの相談は増加
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
2019年4Qのセキュリティ相談、7.6%増 - IPAまとめ
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
2019年3Qのセキュリティ相談、1年ぶりに3000件以下に
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加