Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「NICTER」でマルウェア感染機器を特定 - ISPより注意喚起

総務省、情報通信研究機構(NICT)、ICT-ISACらは、「NICTER」によって受信したパケットからマルウェアに感染したIoT機器を特定し、ISP経由で利用者に注意喚起する取り組みを6月中旬より開始する。

NICTでは2月よりIoT機器を調査し、対象機器の利用者へ注意を喚起する「NOTICE(National Operation Towards IoT Clean Environment)」を展開しているが、さらに取り組みを拡大するもの。

今回追加する取り組みでは、本来パケットの送信先となることがないIPアドレス空間の「ダークネット」や「ハニーポット」を観測することで、マルウェアの動向を観測するNICTの「NICTER」を活用。

通信内容よりマルウェアに感染したIoT機器を特定。通知を受けたプロバイダ各社では、対象機器の利用者を特定して注意喚起を実施する。

総務省が設置するNOTICEサポートセンターが窓口を担当。注意喚起の対象となる機器の利用者に適切なセキュリティ対策を案内する。

(Security NEXT - 2019/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
「Mirai」感染狙うIoT機器狙った11種類のアクセス - 12月より増加
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
脆弱IoT機器823件へあらたに注意喚起 - NOTICE
ログイン可能なIoT機器、半年でのべ505件に注意喚起 - NOTICE調査
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因