Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Interopの「ShowNet」、2019年は80社2000製品で構成

会場ではネットワークのトポロジ図のほか、稼働する機器を収容したラックを展示。あわせてラックの構成が解説されている。ラックの裏側やネットワークオペレーションセンター(NOC)なども見学することが可能。

また「ShowNet」では、見どころの紹介のほか、参加企業の機器やサービスを紹介するイベントステージを開催。「ShwoNet」を運営するNOCチームメンバーによる有料のウォーキングツアーも用意されている。

20190613_in_001.jpg
セキュリティ機器を収容した2基あるラックのひとつ

(Security NEXT - 2019/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング対策協議会、3月の報告会を中止 - コロナ感染拡大で
人材育成プログラム「SecHack365」 - 3月に成果発表会
「サイバー防衛シンポ」が6月に開催 - ナイトセッションも
「CODE BLUE 2020」の開催日程が決定 - CFPは春ごろ開始予定
東名阪で「Security Days 2020」がまもなく開催
都内でフィッシングの動向や改訂GLの報告会 - フィ対協
JSSEC、「セキュリティフォーラム2020」を3月に開催
セキュアIoT生体医工学の拠点形成で研究成果を発表 - TDU
SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
SECCON 2019決勝、今週末に開催 - 講演などイベント盛り沢山