Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年度の個人情報漏洩は4380件、8割は誤送信や紛失

委員会が報告を受けた1216件のうち、5000件以上が漏洩したケースは56件。そのうち17件については5万超が漏洩した。

紙媒体が約6割、電子媒体が約4割となっている。不注意による事故が多くを占めるが、187件は故意の漏洩だった。

また2018年度に、漏洩に関する報告などの情報を分析し、安全管理措置に懸念がある事案を対象に立入検査を2件実施した。

さらに、漏洩が発生した事業者に対し、二次被害が発生しないような対応や、発生原因の究明、再発防止策の策定など、238件の指導や助言を行っている。

(Security NEXT - 2019/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
「個人データを情報銀行へ預けてもよい」55% - 情報漏洩や悪用に懸念も
「情報銀行への個人情報提供に抵抗感」4割超
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
生活で約6割が「個人情報漏洩」に不安 - ネット調査
クラウド上の機密データ、暗号化している組織は約半数
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
半数が「スマホ決済」の不正利用に不安 - ネガティブイメージ先行
国内組織の意図せぬ従業員情報がネット上で流通
マイナンバー事故、2018年度は279件 - 「重大」3件