Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

既知の「Office」脆弱性を狙うメールが流通 - あらためて更新済みか確認を

くわえてアップデートがリリースされる前月の2017年10月にサポートが終了した「Office 2007」に対しても、「CVE-2017-11882」を修正するアップデートがリリースされた。

さらに数式エディタに関しては、その後別の脆弱性も明らかとなり、2018年1月のセキュリティ更新によって「Office 2007」以降の同機能そのものが削除されている。

「CVE-2017-11882」は公開当初、悪用の可能性は低いとされていた。しかし公表より2週間ほどで攻撃が発生。その後は国内に対する標的型攻撃をはじめ、広く悪用されている

マイクロソフトは、今回の攻撃に限らず、「CVE-2017-11882」の悪用が引き続き確認されていると指摘。利用者に対し、アップデートを強く推奨するとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Jira Server」や「Jira Service Desk Server」に深刻な脆弱性
アニメーションPNGのデコードライブラリに脆弱性
Android版「LINE」に複数の脆弱性 - 細工画像でコード実行のおそれ
「Chrome」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Firefox 69.0.1」が公開、通知なしにポインタロックできる問題へ対処
GPU「Radeon」のドライバに脆弱性 - 特定環境下でコード実行のおそれ
VMwareの「ESXi」「vCenter」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに