Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脅威情報を集約し横断分析する「CURE」を開発 - NICT

情報通信研究機構(NICT)は、セキュリティ関連情報を集約し、横断的に分析するセキュリティ情報基盤「CURE(Cybersecurity Universal REpository)」を開発したと発表した。

20190606_ni_002.jpg
CUREの画面。中央の球体がCURE、外周の球体が各種サイバーセキュリティ関連情報を示しており、同一情報が発見された場合はリンクを描画する
(画像:NICT)

同基盤では、「NICTER」「STARDUST」「NIRVANA改」「EXIST」などによる攻撃の観測情報や脅威情報など関連情報を一元的に集約。「IPアドレス」「ドメイン」「マルウェア」などを横断的に分析し、異なる情報源の情報を紐付け、攻撃の構造などを可視化する。

また「CURE」と「NIRVANA改」を連動させることで、自組織内のアラートと外部の脅威情報とを関連付け、影響を把握できるという。

今後同機構では、散在する大量のデータを統合することでインテリジェンスの創出を目指すほか、分析した情報をもとに、より高度な分析技術の研究開発を推進していく。

20190606_ni_001.jpg
CUREの位置付け(図:NICT)

(Security NEXT - 2019/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
露「APT29」、ワクチン情報狙いサイバー攻撃か - 2018年の国内検知マルウェアとも関連
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
複数製品を活用した脅威情報の監視通知サービス - NRIセキュア
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業