Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SQLインジェクション」を多数観測 - CMSのDB狙う攻撃も

4月は「SQLインジェクション」攻撃が目立った。「WordPress」向けプラグインに見つかった脆弱性を狙い、データベースを侵害しようとする動きも観測されている。

インターネットイニシアティブ(IIJ)が、4月に同社マネージドセキュリティサービスにおいて「IPS」「IDS」により観測した攻撃の状況を取りまとめたもの。

同社によると、従来と変わらずNetis製やNetcore製ルータの脆弱性を狙う攻撃が多数を占めており、全体の71.6%を占めている。

これらの攻撃を除外すると、同月にもっとも多く検出されたのは、全体の9.9%を占めた「SQL Injection - Exploit II」で、テーブル情報の取得を試みるクエリなどが検出された。

(Security NEXT - 2019/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加
初心者向けに脆弱性対策セミナーを開催 - IPA
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
「Mirai」感染狙うIoT機器狙った11種類のアクセス - 12月より増加
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
2019年4Qは脆弱性の届け出が半減 - ウェブ関連が大幅減
2019年4Qの「JVN iPedia」新規登録は4434件、OS関連の登録目立つ
脆弱な「Docker」の探索行為、11月ごろより増加
EOL目前「Windows 7」、いまだ約1500万台が稼働