Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MUFGカード」利用者狙うフィッシング - 11ドメインで展開

「MUFGカード」の利用者を狙うフィッシング攻撃が確認されている。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけた。

同様議会によれば、「重要:必ずお読みください」といった件名のフィッシングメールが出回っているもの。「第三者によるアクセスを確認し、IDを暫定的に変更した」などとだまし、偽サイトへ誘導していた。

「.info」「.art」「.top」「.mobi」「.ink」「.xyz」「.ltd」といったトップレベルドメインを利用し、少なくとも11種類のドメインでフィッシングサイトが展開されていた。いずれも「mufg」との文字列が含まれる。

6月4日の時点でフィッシングサイトの停止が確認されているが、同協議会では類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査
フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視