Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングURL、過去最多 - 報告も3000件の大台突破

同協議会によると、5月は「Amazon」をかたるフィッシングの報告が目立った。従来同様、「Apple」や金融機関、クレジットカードブランド、仮想通貨関連サービスを装った攻撃の報告も多いという。

金融機関やクレジットカードブランドをかたるフィッシングメールに関しては、問い合わせ窓口が稼働していない休日や週末、夜間などを狙って配信されることが多いとし、注意を呼びかけている。

また、正規サイトで買い物をしたり、登録情報を更新したタイミングでフィッシングメールを受け取ると、注意深く対応している人でも本物のメッセージと誤解し、情報を入力してしまうおそれがあると指摘。

メールの内容に心当たりがある場合でもメール内のリンクはクリックせず、事前に導入しているアプリやブックマークから正規サイトへアクセスし、情報を確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット6社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「アカウント」 - テーマ曲はみやぞんさん
フィッシング対策GLを改訂 - 「送信メールはテキスト形式で」
2018年のフィッシング報告は約2万件 - 前年比約2倍に
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
フィッシングはURL、ブランドいずれも悪用増加 - iOSで構成変更させる手口も
ネット詐欺などの注意喚起情報でまとめページ - 消費者庁