Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

危険ドメインへのアクセスをDNSでブロック - ソリトン

ソリトンシステムズは、悪意あるコンテンツなどが配信されているドメインへのアクセスをブロックするクラウドサービス「Soliton DNS Guard」を6月17日より提供開始する。

同製品は、専用エージェントを導入した端末から、危険なドメインへのアクセスをDNSベースでブロックするソリューション。

DNSのリクエストに対して、エージェントにより同社クラウドにおけるブラックリストを用いてドメインの危険性を判定。危険と判定した場合は名前解決をさせず、アクセスをブロックする。クラウドとエージェント間の通信には、「DoH(DNS over HTTPS)」を用いているという。

提供開始当初は、「Windows」に対応し、今後「iOS」「macOS」「Android」向けのエージェントを提供する予定。

(Security NEXT - 2019/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
機械学習で攻撃元IPや攻撃種類を予測するサービス - TED
ネット上の脅威リスク評価機能を追加 - NRIセキュア
暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
WatchGuard、Percipient Networksを買収 - DNSによる遮断機能を取得
JPRS、学習書籍「インターネットのひみつ」を小学校や図書館に寄贈 - 電子書籍も公開
米Akamai、悪意あるドメインへの接続防ぐソリューション
カスペルスキー、ITインフラ全体の情報から攻撃を検知するソリューション