Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消防団のメールが乗っ取り被害、スパムを送信 - 高岡市

富山県高岡市は、消防団のメールアカウントが不正アクセスを受け、迷惑メール送信の踏み台に利用されたことを明らかにした。

同市によれば、消防団のメールアカウント1件が乗っ取られ、5月28日23時10分ごろから29日0時15分ごろにかけて、外部へ約2200件の迷惑メールが送信されたもの。

パスワードが不正に取得されて悪用されたなりすましによるログインが原因としている。メールの本文にはURLが記載されていたが、誘導された際の影響などは不明だとしている。

同市では、29日10時45分に消防団のメールアドレスを停止。今回の不正アクセスによる情報漏洩については否定している。

(Security NEXT - 2019/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市
メールサーバで設定ミス、スパムを中継 - 山口県産業技術センター
4000人超で不正ログイン被害が発生 - LINE
不正アクセスでスパムの踏み台に - 山梨県の文化施設
サーバ公開後に不正アクセス、フィッシングの踏み台に - お茶大
都議会議員メルアカが乗っ取り被害 - スパムの踏み台に
メルアカに不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に - JEMIC
教職員25人がフィッシング被害、障害通知偽装メールで - 金沢大