Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省

「IoTセキュリティ総合対策」では、半年に1度をめどに検証し、進捗状況を取りまとめることとなっており、前回2018年7月のプログレスレポートに続き、進捗状況と今後の取り組みについてまとめた。

具体的には、脆弱性対策として開発や設計段階からセキュリティに配慮した「セキュリティバイデザイン」の啓発や支援策の実施などを挙げており、2020年4月の「改正端末設備等規則」の施行に向けて機器メーカーと連携を図る。定期的に認証を実施し、認証マークが付与されたIoT機器の使用を推奨することについても検討していく。

セキュリティ対策の推進では、レベルが高いセキュリティ対策に対して「IoT税制(コネクテッド・インダストリーズ税制)」の関係法令が2018年6月に施行。2020年度末に適用期限を迎えることから、活用状況を調査するほか、引き続きセキュリティ対策の投資拡大の支援に向けた政策を検討する。

またセキュリティ対策に関する情報開示の推進や、サイバー攻撃に関する情報を共有する基盤の整備、公衆無線LANにおけるセキュリティの確保などに向けた施策を展開していく。

20190603_so_001.jpg
IoTセキュリティ総合対策プログレスレポート2019の目次(一部)

(Security NEXT - 2019/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
「Security Days Fall 2019」を開催 - 100超の講演を予定
「Trend Micro CTF 2019」が開催 - オンライン予選は9月
「情報セキュリティ白書2019」を発行 - 無料のPDF版も
家庭用IoT機器の7%が「telnet」や「FTP」など使用 - ルータは15%
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
巧妙化する国家関与の攻撃 - 「サイバー防衛」議論するシンポが始動
「制御システムセキュリティカンファレンス」を2020年2月に開催 - CFPを実施
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果