Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省

総務省は、IoTにおけるセリュリティ対策の進捗状況と今後の取り組みについて取りまとめた。

さまざまな機器がインターネットへ接続される「IoT」において、セキュリティの確保が社会における重要な課題であるとして、同省では2017年10月に「IoTセキュリティ総合対策」を公開。その後の進捗状況や今後求められる取り組みを「IoTセキュリティ総合対策プログレスレポート2019」として、取りまとめた。

「IoTセキュリティ総合対策」では、IoTが社会基盤となると、セキュリティ対策が不十分な場合、広範囲でリスクが顕在化するおそれがあり、部分最適では不十分で、全体最適の総合的なセキュリティ対策が必要であると指摘。

内閣サイバーセキュリティセンターが公表した「安全なIoTシステムのためのセキュリティに関する一般的枠組み」を踏まえ、課題を「脆弱性対策の体制整備」「研究開発の推進」「企業などのセキュリティ対策」「人材育成の強化」「国際連携の推進」の5種類に集約している。

(Security NEXT - 2019/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「NICTER」でマルウェア感染機器を特定 - ISPより注意喚起
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
サプライチェーンのセキュリティでシンポジウム - IPA
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
無線化が進む製造現場向けのセキュリティ導入ガイド - NICT
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
「IoTセキュリティチェックシート」を改定、非常時の対応などを追加
PCとドローン間を電子証明書で認証 - セキュアドローン協議会
国内家庭用ルータの6割弱にセキュリティ上の問題