Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン」に2019年版

情報処理推進機構(IPA)およびJPCERTコーディネーションセンターは、「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン」を改訂し、2019年版として公開した。

同パートナーシップは、ソフトウェアやウェブサイトにおける脆弱性情報の周知や対策の普及を目的に、官民の連携体制として整備されたもの。2004年7月の運用開始から、2019年3月末までに1万4212件の脆弱性に関する届け出が寄せられている。

今回、2018年度「情報システム等の脆弱性情報の取扱いに関する研究会」での検討結果を踏まえ、脆弱性関連情報を適切に取り扱うための指針である「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン」を改訂した。

具体的には、調整不能案件の一覧への掲載や、公表手続きの改善に向けた検討結果を反映。ガイドライン受理後の対応のうち、処理を取りやめることができる条件を告示の表現にあわせた。また条件の解釈を拡大し、同制度で取扱価値があるか否かの条件を追加した。

そのほか、法務専門家の検討結果をもとに用語の定義やガイドラインの適用範囲を修正。また受理要件に関する表現など、法律の改正や最新の判例にあわせて見直しを実施している。

(Security NEXT - 2019/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
Wi-Fi利用者や提供者向けセキュガイドラインに改訂版 - 総務省
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
IPA、「情報セキュリティサービス基準」リストを更新 - 新登録45社
サイボウズ、2020年度の脆弱性報奨金制度をスタート