Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率

情報処理推進機構(IPA)は、4月21日に実施した2019年度春期情報処理技術者試験のうち、「情報セキュリティマネジメント試験」と「基本情報技術者試験」の合格者を発表した。

情報セキュリティマネジメント試験は、組織のセキュリティを確保し、脅威から組織を保護するために必要な基本的な知識やスキルを備えていることを認定する国家試験。2016年度春期よりスタートし、春期と秋期の年2回実施されている。

同試験における2019年度春期の応募者数は1万8129人で、1万3761人が受験。合格者は7148人だった。合格率は51.9%で、前回の46.3%を5.6ポイント上回った。受験者の平均年齢は37歳で、合格者の平均年齢は37.2歳。これまでで最高齢となる78歳の合格者が出ている。

合格率は社会人が55.8%で学生が28.6%。社会人の勤務先別で合格率を比較すると、IT系企業が51.9%で非IT系企業が60.3%と、非IT系企業が8.4ポイント上回っている。

一方、基本情報技術者試験は応募者数が7万7470人で受験者数は5万4686人。合格者は1万2155人で、合格率は22.2%だった。

(Security NEXT - 2019/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月に「ShowNet」解説イベント - 脅威情報の収集活用がテーマのセッションも
登録セキスペ4月試験、合格率18.9% - 平均年齢36.1歳
制御システムのセキュリティ担当者向けに演習実施 - IPA
2018年秋期セキスペ試験、合格率18.5% - 平均年齢36.8歳
ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始
2018年秋期情報セキュマネ試験、合格率5割切る - 開始以降はじめて
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
国内IT大手3社、セキュリティ技術者の共通人材モデル14種類を策定
横国大とBBSS、共同研究開始 - 「バーチャルIoTホームハニーポット」を活用
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳