Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター

多摩北部医療センターの医師が利用するメールアカウントが不正アクセスを受けたことがわかった。同医師の端末がマルウェアに感染した可能性があり、原因について調べている。

同センターを運営する東京都保健医療公社によれば、同医師が利用する端末内やメールアカウント内の個人情報が流出したもの。

同医師がやりとりしたことがある相手に対し、同医師を差出人に見せかけ、マルウェアを添付したメールが送信された。

5月15日18時前、同センターにおいて米国のサーバを発信元としたマルウェアメールを受信。翌16日に都庁と同法人で同様のメールを受信したことから問題が発覚し、ネットワークから同医師の端末を遮断した。

(Security NEXT - 2019/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバー攻撃疑似偵察サービス」を開始 - NEC SI
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も
メアドが不正使用、不特定多数に迷惑メールが送信 - 横浜中華街発展会協同組合
任天堂で不正ログイン、30万件に影響 - 不正取引は1%未満
アイ・オーNAS管理サービスへの不正アクセス、複数サーバに痕跡
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン
アンケートサイトで不正ログイン - ポイントの不正交換も