Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター

多摩北部医療センターの医師が利用するメールアカウントが不正アクセスを受けたことがわかった。同医師の端末がマルウェアに感染した可能性があり、原因について調べている。

同センターを運営する東京都保健医療公社によれば、同医師が利用する端末内やメールアカウント内の個人情報が流出したもの。

同医師がやりとりしたことがある相手に対し、同医師を差出人に見せかけ、マルウェアを添付したメールが送信された。

5月15日18時前、同センターにおいて米国のサーバを発信元としたマルウェアメールを受信。翌16日に都庁と同法人で同様のメールを受信したことから問題が発覚し、ネットワークから同医師の端末を遮断した。

(Security NEXT - 2019/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証
外部サイトで流出アカウント情報を確認 - 医学系出版社
消防団のメールが乗っ取り被害、スパムを送信 - 高岡市
メールアカウントに不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に - 新潟県立大
医師を偽装した不正メールの特徴を公開、注意を喚起 - 東京都保健医療公社
コジマの通販サイトで不正ログイン、詳細は調査中
登録者の個人情報77万件が流出 - 「アンとケイト」
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大