Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ

マイクロソフトは、脆弱性の影響を軽減するには、マイクロコードを含むファームウェアとOSの更新が必要としており、「Windows 10」向けにマイクロコードを含む更新プログラムをリリースした。

くわえて脆弱性から完全に保護するためには、ハイパースレッディング「Simultaneous Multi Threading(SMT)」を無効化する必要がある場合があると指摘。CVE番号に対する保護の状態を確認するための「PowerShellスクリプト」を用意している。

また同社クラウドサービス「Azure」に関しては、「Windows Server VM」を保護するため、ハイパーバイザーレベルで対策を実施したことを明らかにした。

(Security NEXT - 2019/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Jira Server」や「Jira Service Desk Server」に深刻な脆弱性
アニメーションPNGのデコードライブラリに脆弱性
Android版「LINE」に複数の脆弱性 - 細工画像でコード実行のおそれ
「Chrome」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Firefox 69.0.1」が公開、通知なしにポインタロックできる問題へ対処
GPU「Radeon」のドライバに脆弱性 - 特定環境下でコード実行のおそれ
VMwareの「ESXi」「vCenter」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに