Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供

5月14日の時点で脆弱性は公表されておらず、悪用なども確認されていない。しかし、脆弱性の影響は深刻で、「WannaCry」のような「ワーム」の拡散に利用されるおそれもあるという。

「ネットワークレベル認証(NLA)」を有効化している場合、脆弱性を悪用できるのは資格情報の確認後となるため、影響の一部緩和を期待できるが、資格情報を持っている場合は攻撃が可能となる。

そのため同社では、「NLA」の有効化に関係なく、影響を受けるシステムについては早急にアップデートを実施するよう利用者へ呼びかけている。

20190515_ms_002.jpg
サポート終了後のOSに対してもアップデートが用意されている(表:MS)

(Security NEXT - 2019/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
「LLVM」の「Armバックエンド」でスタック保護が機能せず
「Drupal 8.7.4」に脆弱性 - 手動作業ともなう更新必要
「Windows Defenderアプリ制御」に脆弱性 - 定例外アップデートをリリース
DNSサーバ「Knot Resolver」に複数脆弱性 - 更新がリリース
Atlassian製PMツール「Jira Server」に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Chrome 75.0.3770.142」がリリース、脆弱性2件に対処
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
Mac向けZoom製ウェブ会議ソフトに脆弱性 - ウェブ閲覧でカメラ起動
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート