Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ

マクニカは、MocanaおよびSpirent Communicationsとパートナー契約を結び、産業制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援するソリューションを提供する。

汎用的なセキュリティ規格として「IEC62443」の準拠や認証の取得を目指すシステムインテグレータ、機器のサプライヤーの支援ソリューションを展開するもの。産業やIoTシステムにおける端末のセキュリティ対策ソフトを提供しているMocanaや、セキュリティアセスメントやペネトレーションテストを提供するSpirent Communicationsのソリューションを提供する。

具体的には、「IEC62443-3-3/4-2」の準拠に向けたリスクアセスメントと脆弱性診断を提供するほか、要求されるシステム要件に対応するソフトウェアの提供とシステム実装を支援。さらにコンポーネント要件に対するソフトウェア、セキュリティハードウェアチップの提供と実装を支援する。

(Security NEXT - 2019/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

5月中旬から「TCP 37215番ポート」宛パケット増加 - 「Mirai」亜種か
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
「7pay」不正利用被害、1574人3240万円を認定
FAX番号誤記載で個人情報が第三者へ - 群馬県の技専
当選賞品を宛名と異なる住所へ送付 - 九州電力
テスト用メルアカに不正アクセス - 小松島市
3割がフェイクニュースに騙された経験 - 「見破る自信がない」7割
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加