Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大

今回の問題を受け、同大は個人情報が流出した関係者に対して謝罪し、事情を説明。すでにイノベーション研究科の募集は2018年で終了しており、サイトを再開する予定はないという。

また今回の問題を受けて学内のウェブサイトについて脆弱性診断を実施。セキュリティ対策や管理体制の強化、規定やガイドラインの整備など進めるとしている。

一方同大では、2月に教員や学生がフィッシング攻撃を受け、利用するクラウドメールのアカウントを乗っ取られた被害を公表しているが、今回の不正アクセスとの関連性はないとしている。

(Security NEXT - 2019/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブサーバにマルウェア、攻撃の踏み台に - JP共済生協
小学校メルアカが乗っ取り、迷惑メールを送信 - 東大和市
セシール通販サイトで不正ログイン被害 - 試行は16回
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
RIZAPのメールアカウントが乗っ取り被害
「カテエネ」不正ログイン、78件があらたに判明 - ポイント交換も
Fostex通販サイトで顧客情報流出か - ECシステムに不正アクセス
中部電力「カテエネ」に不正ログイン - ポイント交換申請など発生
研究室用サーバに不正アクセス、不正ファイルが52件 - 東京女子大
学会メアドから迷惑メール - 日本口腔科学会