Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大

今回の問題を受け、同大は個人情報が流出した関係者に対して謝罪し、事情を説明。すでにイノベーション研究科の募集は2018年で終了しており、サイトを再開する予定はないという。

また今回の問題を受けて学内のウェブサイトについて脆弱性診断を実施。セキュリティ対策や管理体制の強化、規定やガイドラインの整備など進めるとしている。

一方同大では、2月に教員や学生がフィッシング攻撃を受け、利用するクラウドメールのアカウントを乗っ取られた被害を公表しているが、今回の不正アクセスとの関連性はないとしている。

(Security NEXT - 2019/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も
JICA関連サイトに不正アクセス - メアドやPWなど流出
任天堂で不正ログイン、30万件に影響 - 不正取引は1%未満
アイ・オーNAS管理サービスへの不正アクセス、複数サーバに痕跡
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
アンケートサイトで不正ログイン - ポイントの不正交換も