Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大

同大では、2月に事態を公表するとともに引き続き同サイトについて調査を進めていたところ、4月に入り、あらたな個人情報の流出が判明。講座やイベントの申込者およびサイト利用者のメールアドレス7956件、イベント申込者20人、サイト利用者19人の氏名や住所、メールアドレスなどが含まれる。

流出したデータに、知財など機密情報や研究情報は含まれていない。また同大の他システムにおいて同様の被害は確認されていないという。

同大は本誌の取材に対し、不正アクセスを受けた時期や情報漏洩が生じた原因について、警察の捜査に協力している状況にあり回答できないと説明。

当初判明したメールアドレスおよびログインパスワードの流出件数や、パスワードに対するハッシュ化、ソルトの追加状況についても同じくコメントできないとしている。

(Security NEXT - 2019/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
狙われる「新型コロナ研究情報」、英米政府が注意喚起 - 脆弱なVPNやパスワードが標的に
不正アクセスでスパム踏み台に - 三芳町社会福祉協議会
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出
「ニンテンドーネットワークID」に不正ログイン - 約16万アカウントで
パッチ適用で終わらぬ「Pulse Secure」脆弱性 - 数カ月後に侵害されたケースも
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出
Ameba広告システムに不正アクセス - 内部データが公開状態に
電子契約書サービスに不正アクセス - 利用者情報が流出
トーラムオンラインにPWリスト攻撃 - 不正ログインが発生