Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大

同大では、2月に事態を公表するとともに引き続き同サイトについて調査を進めていたところ、4月に入り、あらたな個人情報の流出が判明。講座やイベントの申込者およびサイト利用者のメールアドレス7956件、イベント申込者20人、サイト利用者19人の氏名や住所、メールアドレスなどが含まれる。

流出したデータに、知財など機密情報や研究情報は含まれていない。また同大の他システムにおいて同様の被害は確認されていないという。

同大は本誌の取材に対し、不正アクセスを受けた時期や情報漏洩が生じた原因について、警察の捜査に協力している状況にあり回答できないと説明。

当初判明したメールアドレスおよびログインパスワードの流出件数や、パスワードに対するハッシュ化、ソルトの追加状況についても同じくコメントできないとしている。

(Security NEXT - 2019/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

熊本ワインの通販サイトで決済画面改ざん - クレカなど顧客情報流出の可能性
イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証
外部サイトで流出アカウント情報を確認 - 医学系出版社
消防団のメールが乗っ取り被害、スパムを送信 - 高岡市
メールアカウントに不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に - 新潟県立大
コジマの通販サイトで不正ログイン、詳細は調査中
登録者の個人情報77万件が流出 - 「アンとケイト」
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院