Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測

また脆弱性を実際に悪用する攻撃を観測したのは、PoCが公開される前日4月24日。「UNIX」環境におけるコマンドの実行を試みたものだった。

ただし、当初観測した攻撃では、マルウェアをダウンロードしたり、端末から情報を窃取する動きは見られず、脆弱性の存在を確認したり、動作を試すことが目的だったと見られている。

4月26日に入り、マルウェアへ感染させる攻撃を確認。「Windows」環境を狙ったもので、外部サイトからファイルをダウンロードさせ、仮想通貨「Monero」を発掘するコインマイナーをインストールさせようとしていた。

さらに4月30日には、「Mirai」と見られるボットに感染させようとする攻撃を観測。これ以外にも多数の攻撃を検知しているという。

(Security NEXT - 2019/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Palo AltoのVPN機能旧版にRCEの脆弱性 - バージョンの確認を
Apple、「iOS 12.4」をリリース - 脆弱性36件を修正
「VLCメディアプレイヤー」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
eコマースやRSSなどWordPress向けプラグイン2種に脆弱性
Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
「LLVM」の「Armバックエンド」でスタック保護が機能せず
「Drupal 8.7.4」に脆弱性 - 手動作業ともなう更新必要
「Windows Defenderアプリ制御」に脆弱性 - 定例外アップデートをリリース
DNSサーバ「Knot Resolver」に複数脆弱性 - 更新がリリース
Atlassian製PMツール「Jira Server」に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ