Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6割「ネットでの完全なプライバシーの確保は不可能」

60%が、オンライン上のプライバシーを完全に確保することは不可能と考えているとの調査結果をカスペルスキーが取りまとめた。

同社が、オンライン上のプライバシーに関する意識調査を実施したもの。2018年12月にインターネット調査を実施し、日本人437人を含む世界21カ国1万1887人が回答した。

オンライン上のプライバシーを完全に確保することは不可能と回答した割合は、国内の回答者で60%。世界全体の56%よりやや高いものの、大きな差は見られなかった。

プライバシーをさらに向上する方法について「興味がない」と答えた回答者は、日本は16%、世界は13%にとどまり、セキュリティ対策への興味も見られたが、一方でプライバシーの安全を確保するための対策を「していない」とする回答は、日本において28%と3割近くにのぼった。世界の19%を9ポイント上回る結果だという。

(Security NEXT - 2019/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT機器でのプライバシーやデータ保護、半数超が追加支出を許容 - 海外調査
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
グローバルでは半数がデバイスPWをパートナー同士で把握 - 日本は2割弱
グローバルでは認証で「利便性」より「セキュリティ」を優先
Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件
無料人気アプリ、利用者情報取得も半数超がプラポリ記載や同意なし
LINE、捜査機関に対する情報開示状況を公開
改正個人情報保護法、3割強は全面施行までに対応まにあわず