Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cisco Nexus 9000シリーズ」にroot権限奪われるおそれ

Cisco Systems製スイッチ「Cisco Nexus 9000シリーズ」に、ルート権限でアクセスされるおそれがある深刻な脆弱性が明らかとなった。

20190509_cs_001.jpg
Cisco Systemsでは、セキュリティアドバイザリを公表

同社によれば、同シリーズの「ACI Mode Switch Software 14.1(1i)」より以前のバージョンにおいて、外部接続に利用するSSHキーの管理に脆弱性「CVE-2019-1804」が明らかとなったもの。

同脆弱性の重要度は、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

デフォルトのSSHキーペアが存在し、「IPv6」経由でデバイスがSSH接続された場合、攻撃者によりroot権限を取得されるおそれがある。「IPv6」経由の接続時のみ脆弱性は悪用可能で、「IPv4」に関しては影響を受けないとしている。

同社では、同脆弱性を解消するアップデートをリリース。利用者へ対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年のMS月例パッチ公開予定日は? - 要注意は8月
「Firefox 70」が登場、脆弱性13件を修正 - PW生成機能なども
「Chrome 78」がリリース、セキュリティ修正は37件 - 「XSS Auditor」を削除
信金向けにサイト脆弱性診断 - SOMPOリスクマネジメント
「変なホテル」の客室ロボに脆弱性 - SNS投稿で明らかに
「Visual Studio Code」に権限昇格の脆弱性 - 修正を実施
「BIND 9.14」にサービス拒否など複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性68件を修正
「Java SE」の最新版がリリース - 脆弱性20件に対処
Oracle、定例アップデートで219件の脆弱性を修正